FC2ブログ

2009/07/04

住宅ローン控除

住宅ローン控除について

平成21年度の改正により平成25年12月31日までの
間に居住の用に供した場合において返済期間10年
以上の住宅ローンを有すること、その他一定の要件を
満たす時は、その居住年から10年間、年末の住宅ローン
残高に応じて毎年一定の金額を所得税額から控除できます。

住宅ローンの控除を受けるには、確定申告が必要になります。
  給与所得者は、1年目に確定申告すれば2年目以降は年末調整で
  控除できることになっています。

適用要件
新築住宅の場合
1.住宅取得後6ヶ月以内に入居し引き続き居住していること。

2.家屋の床面積(登記簿の面積)が50?以上であること。

3.床面面積の1/2以上が、自己の居住の用に供されるものであること。

4.控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること。

5.民間の金融機関などから10年以上の融資を受けること。

6.入居した年以前3年間について居住用財産の3000万円特別控除や買替え等の
 課税の特例などを受けていないこと。

7.入居した年の翌年または翌々年について、この控除対象家屋とその敷地以外の
 資産譲渡に関し上記(6)の特例を受けていないこと。

中古住宅の場合
1.上記新築住宅の適用要件すべてにあてはまること。

2.取得日以前20年(耐火建築物は25年)以内に建築されたもの。

3.建築後使用されたことのある家屋であること。

控除額の計算方法

住宅借入金年末残高×控除率=住宅ローン控除額

平成21年1に入居の場合
《一般住宅の場合》
居住年(平成21年)・年末残高(5000万円以下の部分)・控除期間(10年間)・控除率(1%)
最大控除額(年間50万円・10年間500万円)

申告に必要な書類
1.住民票の写し

2.家屋および土地の登記簿の登記事項証明書または謄・抄本

3.売買契約書などの写し

4.住宅取得資金にかかる借入金も年末残高等証明書

5.源泉徴収票

住宅ローン控除に関して大まかな内容を抜粋しました。
詳細な内容に関しては最寄の税務署にお問い合わせして下さい。

■不動産相談は知識豊富な和拓不動産へ■




スポンサーサイト



pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

不動産案内人

Author:不動産案内人
和拓不動産 
名前/ 杉本 拓哉
    (すぎもと たくや)
資格/宅地建物取引主任者
     2級建築士
     損害保険募集人
     少額短期保険募集人
     普通自動車免許
スポーツ/野球(高校まで)
       ゴールキーパー(大学から)
趣味/飲みに行くこと
     映画鑑賞
     スポーツ観戦など
好きな食べ物/ホルモン
          ラーメン
          エビの天ぷら
嫌いな食べ物/焼いたフランスパン
特技/子供とじゃれ合う事
     チラシ配り
好きな映画/24
        LOST
        プリズンブレイク
連絡先/06-6327-2951(和拓不動産まで)
      

月別アーカイブ
浮き上がる星 by ako
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29