FC2ブログ

2010/12/18

不動産購入の際の納める税金

皆様こんいちは。
 
さて、今日のブログは、不動産を購入した場合に
納める税金に関して掲載したいと思います。
不動産購入の際の納める税金には、印紙税・登録免許税
不動産取得税・固定資産税・都市計画税があります。
住宅購入の際に役立たせて下さい。
購入の際は和拓不動産へ

memoS.gif
【印紙税】
 売買契約書や金銭消費貸借契約書(銀行との住宅ローンの契約の事です)
 の作成の時に必要です。契約書の記載金額(売買価格)に応じて印紙を貼付け、
 消印して納税します。
 売買契約書は、通常2通作成し、売主と買主がそれぞれ保管することになります。
 この2通の契約書にそれぞれ印紙をはらなけばなりません。
 どちらか一方でも印紙を貼らなかったときは、売主と買主が連帯して納付する
 義務を負うことになります。
 
 (不動産購入)
 ・記載金額(売買価格)が 500万円超~1000万円以下の場合   10000円
 ・記載金額(売買価格)が1000万円超~5000万円以下の場合   15000円

 (金銭消費貸借契約書)
 ・記載金額(売買価格)が 500万円超~1000万円以下の場合   10000円
 ・記載金額(売買価格)が1000万円超~5000万円以下の場合   20000円


 ちなみに印紙は、郵便局で購入できます。
 15000円分の印紙は、10000円と5000円になります。
 15000円の印紙はありません。

【登録免許税】
 土地や住宅を取得すると、自分の権利を確保するために所有権の保存登記や
 移転登記をすることになります。
 登記は司法書士に依頼することが一般的で、登記の時に税金を納めなければ
 なりません。これが、登録免許税になります。
 
 登録免許税には、所有権保存登記・移転登記・抵当権設定登記などの種類が
 あり、それぞれ税率が違います。また、物件によっては税率も軽減されます。
 
 (計算方法)
 不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額

■印紙税の詳細な内容はここをクリック■
■登録免許税の詳細な内容はここをクリック■
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

不動産案内人

Author:不動産案内人
和拓不動産 
名前/ 杉本 拓哉
    (すぎもと たくや)
資格/宅地建物取引主任者
     2級建築士
     損害保険募集人
     少額短期保険募集人
     普通自動車免許
スポーツ/野球(高校まで)
       ゴールキーパー(大学から)
趣味/飲みに行くこと
     映画鑑賞
     スポーツ観戦など
好きな食べ物/ホルモン
          ラーメン
          エビの天ぷら
嫌いな食べ物/焼いたフランスパン
特技/子供とじゃれ合う事
     チラシ配り
好きな映画/24
        LOST
        プリズンブレイク
連絡先/06-6327-2951(和拓不動産まで)
      

浮き上がる星 by ako
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -